2015-04-26

Fedora 22 β版を試す

4 月 21 日(米国時間)にリリースされた Fedora 22 の β版をインストール(アップグレード)してみました。

まず、関連サイト [1] から、ワークステーション版の Live イメージ Fedora-Live-Workstation-x86_64-22_Beta-3.iso をダウンロードして、livecd-tools でフラッシュメモリにインストールイメージを作成しようとしました。使用環境は Fedora 21 x86_64 です。

ところが、下記のようなよく解らないエラーが出て、作成することができませんでした。

$ su
パスワード:
# umount /dev/sdb
# /usr/bin/livecd-iso-to-disk /home/bitwalk/ダウンロード/Fedora-Live-Workstation-x86_64-22_Beta-3.iso /dev/sdb
Verifying image...
/home/bitwalk/ダウンロード/Fedora-Live-Workstation-x86_64-22_Beta-3.iso:   758a9f6446d8ce6f2f2c5baf9a4a023c
Fragment sums: 2c3f9c223df517b12e957a8f47ffb2e6ae7d918e2d14e535f5412aaa7176
Fragment count: 20
Supported ISO: no
Press [Esc] to abort check.
Checking: 100.0%

The media check is complete, the result is: PASS.

It is OK to use this media.
Copying live image to target device.
squashfs.img
  1,366,757,376 100%    6.14MB/s    0:03:32 (xfr#1, to-chk=0/1)
osmin.img
         12,288 100%    0.00kB/s    0:00:00 (xfr#1, to-chk=0/1)
Updating boot config file
Installing boot loader
plain floppy: device "/proc/3000/fd/3" busy (リソースが一時的に利用できません):
Cannot initialize 'S:'
Bad target s:/ldlinux.sys
syslinux: failed to create ldlinux.sys
#

この問題を解決できなかったので、直接 FTP サイトからアップグレードに必要なパッケージを持って来てアップグレードすることにしました。β版が配布されているミラーサイトの情報が関連サイト [1] にはありませんでしたが、KDDI 研究所の ftp サイトを確認したら既にアップされていましたので、[2] から下記の RPM ファイルをダウンロードしました。

  • fedora-release-22-0.14.noarch.rpm
  • fedora-repos-22-0.3.noarch.rpm
  • fedora-release-workstation-22-0.14.noarch.rpm

yum localinstall fedora* (あるいは rpm -Uvh fedora*)で既存のパッケージを更新した後、dnf update で他のパッケージを更新しました。一部の drpm パッケージのリビルドに失敗したようですが、リブートして無事アップグレードを完了しました。

特に細かいことに気にせずに実機をアップグレードしてしまいましたが、この方法は正規のアップグレード方法ではありません。この方法を試す場合は、無保証であるリスクを認識した上で行ってください。

ちなみにカーネルは 4.0.0 になっていました。

$ rpm -q kernel
kernel-3.18.7-200.fc21.x86_64
kernel-3.19.3-200.fc21.x86_64
kernel-4.0.0-1.fc22.x86_64
$ 

関連サイト

  1. Download Fedora Workstation Beta
  2. ftp://ftp.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/releases/test/22_Beta/Workstation/x86_64/os/Packages/f/

 

2015-04-23

Fedora 22 β版とカーネル 4.0

4 月 21 日(米国時間)に Fedora 22 の β版がリリースされました。

この β版がリリースされる直前の記事 [1] によれば、今月になってリリースされたカーネル Linux 2.4 が(β版を含む)Fedora 22 に採用されることになったそうです。この週末にでも β版をインストールしてみようと考えています。

  1. 2015年4月16日 開発中のFedora 22,カーネルにLinux 4.0を採用へ:Linux Daily Topics|gihyo.jp … 技術評論社
  2. 「Fedora 22」のベータ版がリリース - ZDNet Japan
  3. Download Fedora Workstation Beta

 

2015-04-17

JTcl/Swank を試す

Swank1. は、Tk Toolkit の機能を Java で実装および拡張した GUI ツールキットで、同じく Tcl の機能を Java で実装した JTcl と一緒に利用します。むかしむかし、Jacl という、Tcl を Java で実装したものがあったのですが、機能が貧弱だったのと、C の代わりに Java で実装することに興味が無くて、すっかり忘れていました。最近、ひょんなことから JTcl を知り、Tk に相当する Swank にたどり着きました。

JTcl の開発プロジェクト2. は、Google Summaer of Code 2009 に Jacl をフォークして現代風にコードを書き直すプロジェクトとして応募されて始まりました3.。最初のリリースは翌年の 2010 年 11 月 17 日です4.。現在入手可能な JTcl は、Tcl 8.4 に準拠しています。

ちなみに swank とは、Vocabulary.com によると imposingly fashionable and elegant あるいは elegance by virtue of being fashionable という意味でつかわれる形容詞、名詞です。

Swank の配布パッケージは、参考サイト[5] からダウンロードします。Windows 用には、Swank Executable _batteries included_ (swank-3.0.0-bin.zip) をダウンロードして、適当な場所に展開します。

動作環境は次の通りです。

  • OS: Windows 8.1 (64bit)
  • Java: Java SE 1.8.0_45-b14

展開したファルダーの中の wisk.bat をダブルクリクリックすると、コマンドプロントと、ウィジェットのトップレベルが開きます。

バッチファイルを実行して上のようなメッセージが表示される場合は「詳細情報」をクリックして、「実行」ボタンをクリックしてください。

最近、Tcl/Tk を使っておらず複雑なことができないので、簡単に動作確認をしてみました。

swkcon.bat をダブルクリックすると Swank 版 tkcon-2.4 が開きます。

いろいろ試してみたのですが、少なくとも Windows 上では日本語フォントは正常に表示されないようです。今後、もう少し機能を調べて紹介していく予定です。

関連サイト

  1. Swank - Swank Project
  2. JTcl Project
  3. Accepted projects - Google Summer of Code 2009
  4. Tcl/Java - Wikipedia, the free encyclopedia
  5. Swank: Tk-like GUI Toolkit in Java/Swing: Downloads — Project Kenai