2016-04-25

Google Japan Blog: Google Chrome 50 がリリースされました

Google Chrome のバージョンのリリースが 50 に。このバージョンのマイルストーンはなんだったのだろう?とりあえず備忘録として残します。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016-04-23

UnixBench - UNIX系OS向けベンチマーク

UnixBench は Linux など Unix 系 OS 向けのベンチマークツールです。参考サイト [1] に詳しい使用方法が紹介されてましたので、それを参考に Fedora でベンチマークをしてみました。ベンチマークのターゲットにした環境は下記のとおりです。

  • PC: Stream 11-r016TU
    • インテル® Celeron® プロセッサー N2840 (2.16GHz-2.58GHz, L2キャッシュ 1MB)
  • OS: Fedora 24 x86_64(アルファ版)

参考サイト [2] から UnixBench の zip ファイルをダウンロードして、次のように解凍して実行しました。コンパイル後に '3dinfo: command not found' のメッセージが出ますが解決方法がわからないので、結局、Graphics のベンチマークなしに実施しました。その他のエラーについては、参考サイト [3] を参考にしています。

$ unzip byte-unixbench-master.zip
Archive:  byte-unixbench-master.zip
e80d3f373999e75dda3c9c9474fb54ecd4a0ea1e
   creating: byte-unixbench-master/
  inflating: byte-unixbench-master/LICENSE.txt  
  inflating: byte-unixbench-master/README.md  
   creating: byte-unixbench-master/UnixBench/
...
...
  inflating: byte-unixbench-master/UnixBench/testdir/large.txt  
  inflating: byte-unixbench-master/UnixBench/testdir/sort.src  
$ cd byte-unixbench-master/UnixBench
$ ls
Makefile  README  Run  USAGE  WRITING_TESTS  pgms  src  testdir
$ ./Run
gcc -o ./pgms/arithoh -DTIME -Wall -pedantic -ansi -O2 -fomit-frame-pointer -fforce-addr -ffast-math -Wall -Darithoh ./src/arith.c
gcc -o ./pgms/register -DTIME -Wall -pedantic -ansi -O2 -fomit-frame-pointer -fforce-addr -ffast-math -Wall -Ddatum='register int' ./src/arith.c
...
...
gcc -o ./pgms/fstime -DTIME -Wall -pedantic -ansi -O2 -fomit-frame-pointer -fforce-addr -ffast-math -Wall ./src/fstime.c
gcc -o ./pgms/whetstone-double -DTIME -Wall -pedantic -ansi -O2 -fomit-frame-pointer -fforce-addr -ffast-math -Wall -DDP -DUNIX -DUNIXBENCH ./src/whets.c -lm
make all
make[1]: Entering directory '/home/bitwalk/ダウンロード/byte-unixbench-master/UnixBench'
Checking distribution of files
./pgms  exists
./src  exists
./testdir  exists
make[1]: Leaving directory '/home/bitwalk/ダウンロード/byte-unixbench-master/UnixBench'
sh: 3dinfo: command not found

   #    #  #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #
   #    #  ##   #  #   #  #           #    #  #       ##   #  #    #  #    #
   #    #  # #  #  #    ##            #####   #####   # #  #  #       ######
   #    #  #  # #  #    ##            #    #  #       #  # #  #       #    #
   #    #  #   ##  #   #  #           #    #  #       #   ##  #    #  #    #
    ####   #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #

   Version 5.1.3                      Based on the Byte Magazine Unix Benchmark

   Multi-CPU version                  Version 5 revisions by Ian Smith,
                                      Sunnyvale, CA, USA
   January 13, 2011                   johantheghost at yahoo period com

Wide character in print at ./Run line 1511.
Wide character in printf at ./Run line 1542.

1 x Dhrystone 2 using register variables

1 x Dhrystone 2 using register variables  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

...
...

2 x Shell Scripts (8 concurrent)  1 2 3
Wide character in printf at ./Run line 1484.

========================================================================
   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

   System: stream11: GNU/Linux
   OS: GNU/Linux -- 4.5.2-300.fc24.x86_64 -- #1 SMP Wed Apr 20 16:46:11 UTC 2016
   Machine: x86_64 (x86_64)
   Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
   CPU 0: Intel(R) Celeron(R) CPU N2840 @ 2.16GHz (4326.4 bogomips)
          Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET, Intel virtualization
   CPU 1: Intel(R) Celeron(R) CPU N2840 @ 2.16GHz (4326.4 bogomips)
          Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET, Intel virtualization
   08:18:08 up  1:07,  2 users,  load average: 0.19, 0.19, 0.62; runlevel 5

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: 土  4月 23 2016 08:18:08 - 08:46:47
2 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables       12904499.1 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     2209.9 MWIPS (9.9 s, 7 samples)
Execl Throughput                                525.4 lps   (29.7 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        270798.8 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks           74378.5 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks        673829.4 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                              881314.7 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                  62505.2 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                               4217.6 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   2704.1 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                    523.7 lpm   (60.1 s, 2 samples)
System Call Overhead                        1829738.5 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   12904499.1   1105.8
Double-Precision Whetstone                       55.0       2209.9    401.8
Execl Throughput                                 43.0        525.4    122.2
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     270798.8    683.8
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0      74378.5    449.4
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0     673829.4   1161.8
Pipe Throughput                               12440.0     881314.7    708.5
Pipe-based Context Switching                   4000.0      62505.2    156.3
Process Creation                                126.0       4217.6    334.7
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       2704.1    637.8
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0        523.7    872.9
System Call Overhead                          15000.0    1829738.5   1219.8
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                         529.7

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: 土  4月 23 2016 08:46:47 - 09:15:43
2 CPUs in system; running 2 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables       25357204.1 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     4397.7 MWIPS (10.0 s, 7 samples)
Execl Throughput                               3286.2 lps   (29.8 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        385791.0 KBps  (30.1 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          116330.5 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks        941896.0 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                             1754722.5 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 178692.5 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                              11098.5 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   3914.7 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                    525.5 lpm   (60.1 s, 2 samples)
System Call Overhead                        2759217.9 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   25357204.1   2172.9
Double-Precision Whetstone                       55.0       4397.7    799.6
Execl Throughput                                 43.0       3286.2    764.2
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     385791.0    974.2
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     116330.5    702.9
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0     941896.0   1624.0
Pipe Throughput                               12440.0    1754722.5   1410.5
Pipe-based Context Switching                   4000.0     178692.5    446.7
Process Creation                                126.0      11098.5    880.8
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       3914.7    923.3
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0        525.5    875.8
System Call Overhead                          15000.0    2759217.9   1839.5
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                        1016.6

$ 

UnixBench の結果の各項目については、参考サイト [1] に詳しく説明されています。

新しく登場した CPU のベンチマークを取ることについては理解できるのですが、昔、オーバークロックした自作 PC に対する(Windows の)ベンチマークの記事を目にする度に、そもそも PC を何に使いたいのかという疑問がふつふつと湧いてきてしまって、そういったスピード狂が書いたベンチマークの記事には少々嫌気を覚えていました。

しかし、現在の格安 PC に搭載されている非力な CPU に焦点をあてて、同一のソフトウェアを使ってベンチマークのデータを蓄積することは、それなりに意味があるかもしれないと考えるようになりました。格安 PC と言えど、そう何台も購入できるわけではありませんので、地道にやっていこうと思います。

参考サイト

  1. UnixBenchでベンチマーク - IDCF Tech-Blog
  2. kdlucas/byte-unixbench: Automatically exported from code.google.com/p/byte-unixbench
  3. UnixBenchの使い方とエラー対処方法 - Linux入門 - Webkaru

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016-04-20

BSD の子孫

BSD は、Berkeley Software Distribution の略語で、1977 年から 1995 年までカリフォルニア大学バークレー校 (University of California, Berkeley, UCB) の Computer Systems Research Group (CSRG) が開発・配布したソフトウェア群および UNIX オペレーティングシステム (OS) のことです。

元となったコードベースと設計は AT&T (正確には 1980 年ぐらいまで AT&T 傘下にあったベル研究所)の UNIX と共通であるため、歴史的には BSD は UNIX の支流 "BSD UNIX" とみなされてきました。1980 年代、ワークステーションクラスのシステムベンダーがプロプライエタリな UNIX として BSD を広く採用していました。例えば、DEC のUltrix、サン・マイクロシステムズの SunOS などです。これは配布するライセンス条件が容易だったためと、当時の多くの技術系企業の創業者が BSD を熟知していたことに因ります。

それらプロプライエタリな BSD 派生 OS は、1990 年代には UNIX System V Release 4 と OSF/1 に取って代わられ、どちらも BSD のコードを取り入れており、他の現代の Unix システムの基盤になりました。一方、後期の BSD リリースは、いくつかのオープンソース開発プロジェクトの基盤になりました。

以上、Wikipedia から引用しました [1]。なお、補足および言葉遣いなどを一部変えてあります。

UNIX への憧れ

Windows 95 が登場する少し前、米国シリコンバレーにある会社に勤務していた私は、データ解析用のソフトウェアの関係でサン・マイクロシステムの SunOS を使う機会が多く、当時の PC にインストールされていた Windows 3.11 とは天と地ほどもある高い安定性と洗練されたデスクトップ (OpenWindows) に心を奪われたのでした。当地では Red Hat や Slackware Linux のメディアが廉価で入手できたので、Windows 用に買った自宅の PC に Linux をインストールすることに成功すると、嬉々としてプログラミングに励んでいたのでした。

Linux は、UNIX 的な世界をぐっと身近に、誰でもが使えるようにしてくれましたが、一方で、Linux は正統な UNIX ではない、というコンプレックスみたいな感情をずっと抱いていました。そのコンプレックスを抱いたまま Linux をずっと使い続けてきたのは、コンプレックスを上回る使いやすさがあったからだと考えています。

一方、当時日本に住んでいたら、当時日本で流行っていたため間違いなく試したであろう FreeBSD や、あるいは NetBSD こそが、BSD の血を引く正統な UNIX であると、ずいぶん長い間思い込んでいました。それは歴史的には正しいのですが、UNIX という商標を使う、という意味では正しくありません。現在 UNIX を名乗るためには Single UNIX Specification (SUS) に準拠しているか認証を受けて登録される必要があります。

現在、身近な OS で正式に UNIX と呼べるものは BSD を基盤とする Apple Macintosh の OS X ぐらいでしょう。Linux をはじめ FreeBSD や NetBSD などは、Unix ライクな OS あるいは Unix 系 OS と呼ばれます。これらのオープンソース系システムベンダーでは、OS の仕様変更が頻繁に行われるため、その度に認証を受ける必要が生じ、コストに見合わないため認証を受けないのだそうです。

オープンソースの BSD 系 OS

BSD 自体の開発は 4.4BSD Lite Release 2 で終了していますが、現在あるオープンソースの BSD 系 OS は、AT&T のライセンスに抵触する部分を除いた BSD である 4.3BSD Net/2 より 386BSD を経て派生しています。386BSD の直系の子孫としては FreeBSD、NetBSDがあり、今でも精力的に開発されていいます。OpenBSD や DragonFly BSD は開発方針の違いや開発グループの諍いによってそれぞれ NetBSD、FreeBSD から派生した OS です。これら 4 つの BSD 系 OS の特徴を Wikipedia などで調べて以下にまとめてみました。

OS FreeBSD NetBSD OpenBSD DragonFly BSD
ロゴ
最初のリリース 1993/11/1 1993/4/20 1996/10/1 2004/7/12
開発団体 The FreeBSD Project The NetBSD Foundation The OpenBSD Project -
創始者 Nate Williams
Rod Grimes
Jordan K. Hubbard
Chris Demetriou
Theo de Raadt
Adam Glass
Charles Hannum
Theo de Raadt Matthew Dillon
由来 4.3BSD Networking/2, 4.4BSD-Lite 4.3BSD Networking/2, 386BSD NetBSD 1.0 FreeBSD 4.8
ライセンス Simplified BSD, FreeBSD Documentation License 2-clause BSD license BSD, ISC, ATU, その他 Modified BSD
カーネルタイプ モノリシック+モジュール モノリシック モノリシック ハイブリッド
プラットフォーム IA-32, x86-64, SPARC64, IA-64, PowerPC, ARM, MIPS Alpha, ARM, PA-RISC, 68k, MIPS, PowerPC, SH3, SPARC, RISC-V, VAX and x86 Alpha, x86-64, i386, MIPS64, PowerPC, SPARC 32/64, Zaurus, その他 x86-64
パッケージ管理 pkg pkgsrc OpenBSD package tools, ports tree DPorts, pkgng
特徴 元々はインテルの x86 プロセッサーでのサポートの充実を念頭に置いて開発されており、x86環境でサポートしているハードウェアの数は多い。 多くのコンピュータ・アーキテクチャで BSD 系 Unix を動かすというのを念頭に置いて開発されているプロジェクトで、30種類以上のアーキテクチャで動作する。 NetBSD から分岐してセキュリティーに注意して開発が進められている。 FreeBSD とは異なった SMP 対応をするために FreeBSD 4.8R から分岐した。
その他 Linux と異なり、カーネルとユーザランドを含めて一つの OS であり、そして OS 側に GPL のものを含まないようにしている。 機種独立性が組み込みシステムでの開発に大きく寄与。
コンパイラ、アセンブラ、リンカその他の、クロスコンパイルに完全対応したツールチェーン一式を持つ。
BSD ライセンスの Portable C Compiler (PCC) を導入。
OpenBSD にはセキュリティ強化のための設計変更がいくつも加えられている。
他に比べてプロジェクトの規模が小さいにも関わらずスピンオフした OpenBSD コンポーネントのためのプロジェクトは、多彩でしかも成功している(例:OpenSSH)。
カーネルの設計:CPU 毎の局所性を保つようにするアルゴリズムでスレッドを分ける実装。
HAMMER という DragonFly BSD 向けに開発されたファイルシステムを使用。
採用例 PlayStation 4 (Orbis OS) QNX Microsoft, Services for UNIX
2ちゃんねる Dell Force10 Core Force
NASA's SAMS-II Project

BSD と Linux

Linux を長年使っていると、表面的には Linux と BSD 系 OS との間には大きな違いはないのかもと、知ったかぶりをして思おうとしてしまいますが、実はそうではないのです。エンドユーザとして Linux を表面的にしか使っていない自分がエラそうに言うのは気が引けますので、ご興味があれば、参考文献の [6] [7] に目を通してみてください。

参考サイト

  1. BSD - Wikipedia
  2. BSDの子孫 - Wikipedia
  3. 本の虫: LLVM/Clangがぜってーサポートしねーと宣言しているLinuxカーネルに多用されているGCC拡張 (2013/04/19)
  4. LinuxとBSD―Linusに聞く | OSDN Magazine (2005/06/13)
  5. BSDから見たLinux | OSDN Magazine (2005/06/15)
  6. 記者の眼 - “節操のなさ”ゆえに愛されるLinux:ITpro (2003/02/04)
  7. 「LinuxのひとつであるFreeBSD」は本当か - Qiita (2015/12/21)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016-04-17

Linux 搭載 HP Stream 11 と Wine の一日

3 万円を切る格安 PC、HP Stream 11 に Fedora をインストールして 3 週間近くが経ちました。細かい設定も済みましたので今日は外へ持ちだしてバッテリーの持ち具合や使い心地を評価しました (2016-04-16)。

桜(ソメイヨシノ)の時期が終わり、次なる季節の風景を求めて横浜方面へ出かけました。

カメラは Canon の PowerShot SX500IS です。すっかり古い型になってしまいましたが、自分の撮影技術を考えると、撮影対象が風景中心で、機能的にもそれほどの不満がないので、ずっと愛用しています。

PC は、出先でカメラの画像を取り出して整理をして、画像を Facebook へアップロードしたり、下書き中の本記事を更新することに使う予定です。インターネットへのアクセスには、手持ちの Y!mobile Pocket WiFi 305ZT を使いますが、公衆無線 LAN を利用できる場合はつなげてみます。

初期バッテリー状態

画面上は以下のようにフル充電状態なっています。

横浜公園から

JR 川崎駅から京浜東北線磯子行きに乗り、関内で下車。横浜公園でパチクリとチューリップの撮影開始です。もう 11 時を過ぎています。

横浜公園ではさまざまな種類のチューリップが咲き乱れています。ゆっくり周ってチューリップを観賞、撮影したあと、山下公園へ向かいました。天候は時々日が差す程度でそれほど良くありませんでしたが、程よい風もあり、少し汗ばむ程度の散策するにはぴったりの天候でした。今度はチューリップ以外の花にフォーカスし撮影を続けます。さらに港の見える丘公園まで足をのばしました。

携行した PC の出番はまだありません。

元町にて

午後 2 時を過ぎ、歩き疲れてどこかで遅いランチにしようと元町の通りに入ると、店頭でやっていたワインの試飲コーナーに吸い寄せられました。

ドイツの白ワインを試飲しながら店の人の話を聞いていると、そのうち、店で出すグラスワインの話に。なんとあのワインがグラスで飲めるというので、頭の中はそのワインで一杯に。ここでランチを摂ることに決定です(ワールドワインバーbyピーロート 横浜元町店)。

つれはランチメニューから、さっさとミートソースのパスタを頼みましたが、私はそのワインの誘惑に負けて(グラスで飲んでも)結構な値段になるにもかかわらず、グラス (120ml) でそのワイン(とチーズの盛り合わせ)を注文しました。

素晴らしいワインとの出会いに、横浜公園などで撮った写真の整理は後回しに。

30 分程かけて一杯のワインとの至福の時を過ごした後、ようやく本日の課題を思い出します。

おもむろに PC を取り出して今日撮った写真のデータのコピーを開始。朝のフル充電後初めての起動ですが、電池に残量は「残り 9:16 (100%)」で満タンの状態です。この日の撮影枚数は 233 枚。0.9GB あまりのデータをカメラの SD カードからコピーすること数分。

しかし、画像整理の作業はここまででした。

ソムリエ志望の自分の娘ほどの若い店員とワイン談義をしているうちに、グラスで飲んだそのワイン、一本買うことを決心。Google Chrome を起動して、Amazon.jp などで売られている価格をベースに価格交渉に使うことに。

ワインを値切ることは適わなかったものの、この店のワインの管理状態に納得して気分よく会計を済ませ、PC はシャットダウンせずにしまいました。近年買ったワインの価格としては最高額になるワインを抱え、高揚した気分で石川町駅から川崎駅へ戻りました。

デニーズにて

結局、元町ではカメラで撮った画像の整理ができなかったので、川崎駅近辺で所要を済ませた後、午後 6 時過ぎに近所のデニーズで作業を再開しました。しかし、テーブルが狭く、二人の料理でいっぱいになってしまいましたので、とりあえず食べてしまうことに。

デニーズ内では WiFi を利用でき、スマホは接続されていましたので、食後に PC の方もつなげてみましたがパスワードを忘れてしまっていてログインできませんでした。そこで不謹慎ですが、災害時の接続サービスにつなげてみると…、つなげました。

元町のワインのお店では PC の電源を切らずに持ってきましたが、バッテリーは「残り 6:41 (68%)」とまだまだ大丈夫です。

ネットワークが常時必要な作業ではないので、手持ちの WiFi ルーターに接続を切り替えてから作業開始。横浜公園で撮ったチューリップの写真から厳選した 11 枚を Facebook へアップしました。

数ある画像をひとつひとつチェックし、気に入った写真画像をアップロード用のディレクトリへコピーするという作業は単調なのですが、トラックパッドでは操作が面倒なので、堪らずマウスを取り出して使いました。トラックパッドだけでもさっさと選別作業ができるように、専用のソフトウェアを JavaFX などで作ってしまう方が良いかもしれないと思いました。

デザートも食べ終えていたので、帰途につきました。

帰宅して、引き続き残りの「山下公園」と「港の見える丘公園」の分の写真を整理して Faceboox へアップし終えたのは午後 9:30 過ぎ。バッテリーは「残り 4:04 (43%)」とまだまだ大丈夫です。こんな軟弱な使い方だと余裕で一日中使えるようです。

まとめ

今回は、バッテリーのスタミナを軽く評価してみただけに終わってしまいましたが、このぐらいの使い方だと日中の使用程度であればバッテリーは十分に持つということが判りました。

屋外のベンチで作業をした時の使いやすさなど、試してみたいことがまだありますので、ひきつづき PC を携行した外出を続けて、気がついたことがあれば本ブログで紹介していきたいと思います。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016-04-15

Windows、OS X、LinuxをカバーするMicrosoftのVisual Studio Codeエディタがついに1.0に | TechCrunch Japan

Visual Studio Code (VS Code) は、オープンソースのソースコードエディタです。マイクロソフトにより開発され、Windows, Linux, OS X 上で動作します。下記の記事には Microsoft が昨年の Build デベロッパー・カンファレンスで、VS Codeを発表したとありますが、たしかにそのような発表があったことを記事を読んで思い出しました。その VS Code のバージョンが 1.0 になって正式にリリースされました。

偶然 TechCrunch で記事を見つけたので早速ブログに載せようとしたら、すでに同日付の日本語翻訳記事も存在していることに気づき [1]、大変驚いたのですが、なんのことはなくて、Microsoft から日本語でも同じタイミングで発表されたようです [3]。Microsoft って、Google のようにブログでそういうことを発表してしまう会社だったんですね、そういうイメージを持っていませんでした。

  1. Windows、OS X、LinuxをカバーするMicrosoftのVisual Studio Codeエディタがついに1.0に | TechCrunch Japan (2016/4/15)
  2. オープンソースの開発ツール「Visual Studio Code」が正式版となるバージョン1.0に到達 - Publickey (2016/4/15)
  3. 【Visual Studio Code】1.0.0 正式リリースしました! | 好きな技術を好きと言える幸せ – AYA TOKURA BLOG (2016/4/15)
  4. Download Visual Studio Code - Mac OS X, Linux, Windows

仕事で使うアプリケーション・スイーツに Office という名前を付け、ワープロソフトにも Word という固有名詞を付けるなんて、なんて不遜な会社なんだと憤慨したのは遠い昔、今ではほとんど抵抗がなくなってしましました。人間は慣れることができるのです。

すると、信じたくはありませんが、Visual Studio Code もそのうち単に Code と抵抗なく呼ぶ日が来るかもしれません。しかも、今度はマルチプラットフォーム対応です。Satya Nadella 氏が率いる Microsoft は、確かに変わろうとしているのかもしれません。

早速、VS Code の Linux 版 (vscode-x86_64.rpm) をダウンロードしました [4]

以下のようにインストールしました。なお、使用している Linux は Fedora 23 (x86_64) でデスクトップ環境は GNOME 3.18 です。

$ su
パスワード:
# dnf install vscode-x86_64.rpm
Last metadata expiration check: 0:14:53 ago on Fri Apr 15 19:54:17 2016.
依存性が解決されました。
================================================================================
 Package     アーキテクチャ
                           バージョン                 リポジトリ           容量
================================================================================
インストール:
 code        x86_64        1.0.0-1460557031           @commandline         40 M

トランザクションの要約
================================================================================
インストール  1 パッケージ

合計容量: 40 M
インストール済み容量: 116 M
これでいいですか? [y/N]: y
パッケージをダウンロードしています:
トランザクションの確認を実行中...
トランザクションの確認に成功しました。
トランザクションのテストを実行中...
トランザクションのテストに成功しました。
トランザクションを実行中...
  インストール  : code-1.0.0-1460557031.x86_64                              1/1 
  検証中        : code-1.0.0-1460557031.x86_64                              1/1 

インストール:
  code.x86_64 1.0.0-1460557031                                                  

完了しました!
# 

アクティビティ画面にして、左のアイコンから「アプリケーションを表示する」アイコンをクリックすると、以下のように(V で始まるため、下の方に) Visual Studio Code のアイコンが表示されていますので、クリックして起動します。

するとすぐに VS Code が起動しました。

試しに Java のソースを読み込んでみました。配色は好みの問題ですが、私は黒地より白地を好みます。メニューの「ファイル」→「基本設定」→「配色テーマ」で、Light+ (default light) を選びました。それ以外、特に設定をしていませんが、デフォルトのフォントでなかなか見やすいです。

Microsoft ブランドのソフトウェアがそのまま Linux にインストールできて利用できてしまう、なんだか変な気分です。時代が変わったのでしょう、きっと。しばらく使ってみて、具合が良ければ、あらためて機能紹介したいと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村