2014-10-18

Firefox OSアプリの開発機能「WebIDE」を搭載した「Firefox 34」ベータ版が公開 - 窓の杜

Firefox 34 のベータ版公開のニュースです。Firefox OS のアプリが開発できるという WebIDE が目玉のようです。

2014-10-16

Oracle、「Java SE 7 Update 71」「Java SE 8 Update 25」を公開。25件の脆弱性を修正 - 窓の杜

10 月 14 日(米国時間)に Java など Oracle 製品に関する定例の Critical Patch Update が公開されました。Java 関連では、最新版となる Java SE 7 Update 71 および Java SE 8 Update 25 が公開されています。なお、Java SE 7 については、セキュリティ以外の修正も含まれる Java SE 7 Update 72 も公開されていますが、特別な問題がない場合には Java SE 7 Update 71 を使用することが推奨されています。

今回のアップデートから、java.com のページで配布される Java ランタイムが、Java 7 から Java 8 となりました。

次回の定例セキュリティアップデートは、米国時間 2015 年 1 月 20 日に予定されています。

2014-10-10

XYGraph

Nebula Visualization Widgets の XYGraph を試してみました。

XYGraph を利用するには、まず Eclipse のマーケットプレイスから、Nebula をインストールします。

プロジェクトのビルドパスに org.eclipse.draw2d_XXXX.....jarorg.eclipse.nebula.visualization.xygraph_XXXX....jar を加ます

参考サイトで紹介されていた Snippet をベースにした簡単なサンプルを以下に示しました。

List: XYGraphSample.java
package nebula;

/*******************************************************************************
 * Copyright (c) 2010 Oak Ridge National Laboratory.
 * All rights reserved. This program and the accompanying materials
 * are made available under the terms of the Eclipse Public License v1.0
 * which accompanies this distribution, and is available at
 * http://www.eclipse.org/legal/epl-v10.html
 ******************************************************************************/
import org.eclipse.draw2d.LightweightSystem;
import org.eclipse.nebula.visualization.xygraph.dataprovider.CircularBufferDataProvider;
import org.eclipse.nebula.visualization.xygraph.figures.ToolbarArmedXYGraph;
import org.eclipse.nebula.visualization.xygraph.figures.Trace;
import org.eclipse.nebula.visualization.xygraph.figures.XYGraph;
import org.eclipse.nebula.visualization.xygraph.figures.Trace.PointStyle;
import org.eclipse.swt.layout.FillLayout;
import org.eclipse.swt.widgets.Display;
import org.eclipse.swt.widgets.Shell;

/**
 * A simple XYGraph with toolbar.
 * 
 * Original name of the class was 'SimpleToolbarArmedXYGraphExample' and
 * modified by Fuhito Suguri, 10-Oct-2014
 * 
 * @author Xihui Chen
 *
 */
public class XYGraohSample {
    Shell shell;

    public XYGraohSample(Display display) {
        shell = new Shell(display);
        shell.setText("XYGraphSample");
        shell.setSize(600, 400);

        shell.setLayout(new FillLayout());

        initUI();

        shell.setLocation(200, 200);
        shell.open();

        while (!shell.isDisposed()) {
            if (!display.readAndDispatch()) {
                display.sleep();
            }
        }
    }

    public void initUI() {
        // use LightweightSystem to create the bridge between SWT and draw2D
        final LightweightSystem lws = new LightweightSystem(shell);

        // create a new XYGraph
        XYGraph xyGraph = new XYGraph();
        xyGraph.setTitle("XYgraph の簡単な例");

        xyGraph.primaryXAxis.setTitle("X軸");
        xyGraph.primaryYAxis.setTitle("Y軸");

        xyGraph.primaryXAxis.setShowMajorGrid(true);
        xyGraph.primaryYAxis.setShowMajorGrid(true);

        // add ToolbarArmedXYGraph
        ToolbarArmedXYGraph toolbarArmedXYGraph = new ToolbarArmedXYGraph(xyGraph);

        // set it as the content of LightwightSystem
        lws.setContents(toolbarArmedXYGraph);

        xyGraph.primaryXAxis.setShowMajorGrid(true);
        xyGraph.primaryYAxis.setShowMajorGrid(true);

        // create a trace data provider, which will provide the data to the trace
        CircularBufferDataProvider traceDataProvider = new CircularBufferDataProvider(false);
        traceDataProvider.setBufferSize(100);
        traceDataProvider.setCurrentXDataArray(new double[] { 10, 23, 34, 45, 56, 78, 88, 99 });
        traceDataProvider.setCurrentYDataArray(new double[] { 11, 44, 55, 45, 88, 98, 52, 23 });

        // create the trace
        Trace trace = new Trace("データ", xyGraph.primaryXAxis, xyGraph.primaryYAxis, traceDataProvider);

        // set trace property
        trace.setPointStyle(PointStyle.CIRCLE);
        trace.setPointSize(10);

        // add the trace to xyGraph
        xyGraph.addTrace(trace);
    }

    public static void main(String[] args) {
        Display display = new Display();
        new XYGraohSample(display);
        display.dispose();
    }
}

実行例

参考サイト

  1. Nebula Visualization Widgets
  2. Overview (SWT XYGraph API)

2014-10-05

KDDI、Firefox OS採用の開発ボードOpen Web Boardを無料配布。GUI開発環境Gluinも用意 - Engadget Japanese

10 月 5 日に開催される Mozilla のイベントで、KDDI から発表されるのは、開発者向けクリエイティブプラットフォームのことのようです。Firefox OS が搭載された携帯端末のことばかり注目していましたが、KDDI の戦略は、Firefox OS の適用範囲を限定したものではなさそうです。

続報は追記していきます。

追記

KDDI の田中社長から Firefox OS 搭載端末の発売時期が言及されました。

  1. auのFirefox OS スマートフォンはXmas時期に発売、KDDI田中社長がビデオメッセージで発表 - Engadget Japanese
  2. KDDI、Firefox OS搭載端末を12月に発売へ - 田中社長が発表 | マイナビニュース
  3. KDDI、「Firefox OS」搭載スマートフォンを12月に発売へ - CNET Japan

なお、予告通り、au Firefox OS Portal Site が公開されました。

 


Broadcast live streaming video on Ustream

2014-10-04

DateChooserCombo

日付を選択するウィジェットが必要になり、Nebula Incubation の DateChooserCombo を試してみました。

DateChooserCombo は Combobox 状のウィジェットで、右側のボタンをクリックするとカレンダーが表示されて日付けを選択することができます。

準備

Eclipse の、マーケットプレースで Eclipse Nebula Incubation Widgets を選んでインストールします。

プロジェクトのビルドパスに、プラグインでインストールしたウィジェットの内、org.exlipse.nebula.widgets.datechooserorg.exlipse.nebula.widgets.formattedtext を加ます。

サンプル

参考サイトの 2. に示されているサンプルをベースに、自分用のサンプルを作りました。

List: NebulaAppDateChooserCombo.java
package nebula;

import java.util.Date;

import org.eclipse.nebula.widgets.datechooser.DateChooserCombo;
import org.eclipse.swt.SWT;
import org.eclipse.swt.layout.GridData;
import org.eclipse.swt.layout.GridLayout;
import org.eclipse.swt.widgets.Display;
import org.eclipse.swt.widgets.Shell;

public class NebulaAppDateChooserCombo {
    Shell shell;

    public NebulaAppDateChooserCombo(Display display) {
        shell = new Shell(display);
        shell.setText("DateChooserCombo");

        shell.setLayout(new GridLayout());

        initUI();

        shell.pack();
        shell.setLocation(300, 200);
        shell.open();

        while (!shell.isDisposed()) {
            if (!display.readAndDispatch()) {
                display.sleep();
            }
        }
    }

    public void initUI() {
        DateChooserCombo combo = new DateChooserCombo(shell, SWT.BORDER);
        combo.setValue(new Date());
        GridData gd = new GridData();
        gd.widthHint = 120;
        combo.setLayoutData(gd);
    }

    public static void main(String[] args) {
        Display display = new Display();
        new NebulaAppDateChooserCombo(display);
        display.dispose();
    }
}

実行例

参考サイト

  1. Nebula DateChooser Widgets
  2. org.eclipse.nebula.git - Nebula

2014-10-03

Is this why Microsoft named it Windows 10? - CNET

Windows 9 をスキップして Windows 10 にした理由が、Windows 9.x との混乱を避けるため、という推測はもっともな話で納得できます。

if (version.StartsWith("Windows 9")) {
    /* 95 and 98 */
} else {
    ....

なるほど。

2014-10-02

KDDI田中社長インタビュー:Firefox OSの市場性「考えてない」、ソフトバンクのアメリカ放題について - Engadget Japanese

10 月 5 日に開催される Mozilla のイベントで、いよいよ au から Firefox OS 搭載の端末がお披露目されるのかもしれません、いや、わかりませんが…。少なくともなにか良いニュースが KDDI からありそうです。

 

2014-10-01

【Bash脆弱性 対応のまとめ】 各ディストリビューションの修正パッケージのリリース相次ぐ、暗黙にBashを呼び出すケースに要注意:CodeZine

Bash にセキュリティホールが見つかった件の続報です。

上の記事によると、CentOS 7 の場合、bash-4.2.45-5.el7_0.2.x86_64 で対応しているようですが、現在、自分の環境における bash のパッケージは、bash-4.2.45-5.el7_0.4.x86_64 です。ということは、既に 9/15 の時点で対応ができていたようです。

2014-09-29

【備忘録】CentOS 7 関連情報

7 月 7 日に CentOS 7 がリリースされて、3 ヶ月近く経ちました。インターネットで入手できる CentOS 7 の情報源をまとめてみました。

CentOS 7 x86_64 のインストール方法が丁寧に説明されています。

インストール方法だけでなく、各サーバの設定方法の情報もあります。特に、IaaS クラウドコンピューティングプロジェクトである OpenStack 2014.1 (Icehouse) に関する解説は重要かもしれません。

LAMP とは、OS である Linux、Web サーバである Apache HTTP Server、データベースである MySQL、スクリプト言語である Perl、PHP、Python を総称した頭文字から成る造語です。上記のサイトでは CentOS 7 上に Apache HTTP サーバの代わりに Nginx を、MySQL の代わりに MariaDB、そして PHP をインストールして WordPress が使えるようになるまでを解説しています。

Docker によるコンテナ管理に関する情報です。一部、CentOS 6.5 や RHL 7 の情報が混じっています。

 

2014-09-26

米RedHat、Bashへのコードインジェクション攻撃についてブログで解説:CodeZine

Bash にセキュリティホールが見つかったそうです (CVE-2014-6271, CVE-2014-7169)。

CentOS 7 でパッケージをアップデートしようとしたところ、bash があります。

# yum update
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks, priorities
Dropbox                                                  |  951 B     00:00     
adobe-linux-x86_64                                       |  951 B     00:00     
base                                                     | 3.6 kB     00:00     
centosplus                                               | 3.4 kB     00:00     
epel/x86_64/metalink                                     | 5.3 kB     00:00     
epel                                                     | 4.4 kB     00:00     
extras                                                   | 3.4 kB     00:00     
google-chrome                                            |  951 B     00:00     
rpmforge                                                 | 1.9 kB     00:00     
rpmfusion-free-updates                                   | 2.7 kB     00:00     
rpmfusion-nonfree-updates                                | 2.2 kB     00:00     
updates                                                  | 3.4 kB     00:00     
(1/3): centosplus/7/x86_64/primary_db                      | 2.1 MB   00:02     
...
省略
...
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ bash.x86_64 0:4.2.45-5.el7 を 更新
---> パッケージ bash.x86_64 0:4.2.45-5.el7_0.4 を アップデート
---> パッケージ crash.x86_64 0:7.0.2-6.el7 を 更新
---> パッケージ crash.x86_64 0:7.0.2-7.el7_0.1 を アップデート
...
省略
...
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

================================================================================
 Package                 アーキテクチャー
                                バージョン                     リポジトリー
                                                                           容量
================================================================================
更新します:
 bash                    x86_64 4.2.45-5.el7_0.4               updates    1.0 M
 crash                   x86_64 7.0.2-7.el7_0.1                updates    2.5 M
...
省略
...

トランザクションの要約
================================================================================
更新  15 パッケージ

総ダウンロード容量: 21 M
Is this ok [y/d/N]: y

とりあえず、アップデートして変更履歴を見てみることに。

$ rpm -q --changelog bash
* 木  9月 25 2014 Ondrej Oprala <ooprala@redhat.com> - 4.2.45-5.4
- CVE-2014-7169
  Resolves: #1146324

* 木  9月 25 2014 Ondrej Oprala <ooprala@redhat.com> - 4.2.45-5.3
- amend patch to match upstream's
  Related: #1146324

* 月  9月 15 2014 Ondrej Oprala <ooprala@redhat.com> - 4.2.45-5.2
- Fix-up the patch
  Related: #1141647

* 月  9月 15 2014 Ondrej Oprala <ooprala@redhat.com> - 4.2.45-5.1
- Check for fishy environment
  Resolves: #1141647
...
省略
...

CVE-2014-7169 を解決するパッチをあてたようですが、これで十分なのかな?

参考サイト