2009-09-30

さわらびゴシック 20090930

SourceForge.JP
わらびゴシックフォント 20090930 が一ヶ月ぶりにリリースされましたので Fedora 11 用 RPM パッケージを作成しアップロードしました。漢字グリフが 1150 文字になりました。

さわらびフォント

2009-09-24

Windows Vista の再インストール


Windows Vista(32bit版)が、Service Pack 1 のままであることに気がつき、何回か Service Pack 2 にアップデートしようとしましたが、再起動したあとの設定で何かエラーが発生しているようで、前の設定に復元されてしまいます。これではエラーの原因がわからないので、Windows Vista を再インストールすることにしましたが、トラブルにぶつかってしまいました。

300GB HDD の最初の 100GB を Windows 用に、残り 200GB を Linux 用に使っていましたので、必要なバックアップをとり、まずは Windows Vista からインストールし直そうと、以前と同じパーティションを指定したところ、「インストールできるシステム ボリュームが見つかりません。」というメッセージが出てインストールの処理に進めなくなってしまいました。

結局、下記の情報を元に、Diskpart.exe ユーティリティを使用してハード ディスクをクリーンな状態にしたところ、無事インストールができました。

[1] Windows Vista をインストールするときにハード ディスク パーティションの選択またはフォーマットができない

その後、時間を掛けて Windows Vista を SP1 → SP2 と、無事アップデートできました。しかし、Windows のアップデートは、順番があるので長い!Linux のように一度にアップデートできれば楽なんですが…。その後 Linux (Fedora 11) もインストールして、無事元の環境に戻すことができました。

結局のところ、オリジナルの環境で Service Pack 2 へアップデートできなかった理由がわからないし、Diskpart.exe ユーティリティなんて使ったのは初めてだったので、clean all で HDD を隙間なく 0 で埋めたこと以外によく理解していません。時間ばかりかけただけで釈然としません。

そもそも、Windows Vista はたまにしか使いません。久しぶりに使うときにはいつもアップデートが始まり、そして再起動…。そのまま席を立ってしまうのでアップデートがちゃんとされたかどうかもよく見ていませんでした。

Windows 7 を導入する時に、同じようなトラブルに悩まされるのだろうか?
 

2009-09-20

祝COBOL誕生50周年


COBOLという名称が決定したのが、1959 年 9 月 18 日であったことから、この日が誕生日とされています。今年で 50 周年です。PC ではなかなか縁の無い言語ですが、ATM のようなミッションクリティカルな業務にまだまだ現役で利用されているとのことです。

実際の需要と直接関係がないかもしれませんが、TIOBE の 2009 年 9 月の指標によると、COBOL 人気度は 23 位 (Rating : 0.421%) につけています。

ずいぶん長い間サボっていた TinyCOBOL などの Linux 用 RPM パッケージ作成を再開しようかな。

[1] まだまだ現役:プログラミング言語のCOBOLが誕生50周年 - ITmedia News
[2] COBOL @ 50
[3] Slashdot Developers Story | COBOL Celebrates 50 Years
[4] TIOBE Software: Tiobe index
 

2009-09-11

GNU Scientific Library 1.13

GSL 1.13 が、9 月 8 日付けでリリースされていました。

Version 1.13 of the GNU Scientific Library (GSL) is now available.
GSL provides a large collection of routines for numerical computing
in C.

This is a maintenance release, which fixes reported bugs and upgrades
the build system to the latest autoconf and automake. The full NEWS
file entry is appended below.

The file details are:

ftp://ftp.gnu.org/gnu/gsl/gsl-1.13.tar.gz (2.9 MB)
ftp://ftp.gnu.org/gnu/gsl/gsl-1.13.tar.gz.sig (GPG signature)
02db78b9583bc7b2a577da6f45f5dd9f23ef737e (sha1 checksum)

The GSL project homepage is http://www.gnu.org/software/gsl/

GSL is free software distributed under the GNU General Public License.

Thanks to everyone who reported bugs and contributed improvements.

Brian Gough
(GSL Maintainer)

======================================================================

* What is new in gsl-1.13:

** Upgraded to latest autoconf and automake (autoconf-2.64,
automake-1.11)

** Fixed the rk4 and bspline allocators to avoid invalid free()
calls under out of memory conditions. [bug #27194, #27236]

** Fixed a bug in gsl_multimin_fminimizer_nmsimplex2 where the center
and size of the simplex were not updated on contract-by-best steps,
causing failures in convergence. [bug #27180]

** Added new functions to set MISER and VEGAS Monte Carlo integration
parameters, and to examine VEGAS chi-squared value and intermediate
results.

** Added the function gsl_bspline_greville_abscissa to compute
Greville abscissae for B-splines.

** The cumulative distribution functions gsl_cdf_gumbel1_{P,Q} should
now handle a larger range of parameters without underflow and
overflow.

** The header file gsl_const_cgs.h no longer defines values for
electromagnetic units. Applications should use gsl_const_cgsm.h
instead to obtain the values in the CGS-Magnetic system. The
previous values for these units given in gsl_const_cgs.h were
ill-defined as the type of CGS electromagnetic system was
unspecified (the values were a mixture of CGS units with the Ampere
of the MSKA system). The affected constants are
GSL_CONST_CGS_BOHR_MAGNETON, GSL_CONST_CGS_ELECTRON_CHARGE,
GSL_CONST_CGS_ELECTRON_MAGNETIC_MOMENT, GSL_CONST_CGS_FARADAY,
GSL_CONST_CGS_GAUSS, GSL_CONST_CGS_NUCLEAR_MAGNETON,
GSL_CONST_CGS_PROTON_MAGNETIC_MOMENT, and GSL_CONST_CGS_ROENTGEN.

** The Pochhammer functions gsl_sf_poch(a,x) and gsl_sf_lnpoch(a,x) now
handle the special cases where a and a+x are zero or negative
integers.

** The confluent hypergeometric function gsl_sf_hyperg_U (a,b,x) now
handles some cases where x=0. The case where 1+a-b is a negative
integer no longer returns an error [bug #22859] and the incorrect
termination of the series in certain cases is fixed [bug #26706].

** Added a new function gsl_poly_eval_derivs to evaluate a polynomial
and its derivatives simultaneously.

** Added a new univariate minimisation algorithm
gsl_min_fminimizer_quad_golden which is a variant of Brent's
algorithm with safeguarded step-length adjustment.

** Added a new Nelder-Mead minimiser gsl_multimin_fminimizer_nmsimplex2rand
which uses a randomly oriented simplex rather than one fixed on
the coordinate axes [bug #25077]

** The texinfo file now uses the dircategory "Software libraries" from
the Free Software Directory, as recommended in the Texinfo manual.

** The function gsl_ran_exponential now includes zero in its output
range. [bug #25039]

** All functions for freeing allocated memory now accept a NULL
pointer, following the standard C convention for free(). [bug
#25319]

** The function gsl_sum_levin_u_accel now handles the special case
c_0 + 0 + 0 + 0 + .... that occurs when summing power series
c_n*x^n with x=0. [bug #26807]

** The functions gsl_linalg_LU_solve, gsl_linalg_LU_svx,
gsl_linalg_LU_refine, gsl_linalg_LU_invert and their complex
equivalents now return an error for singular matrices.

** The multifit LMDER hybrid solvers now check the return code of the
user-supplied function in the gsl_multifit_fdfsolver_set
method. [bug #26871]

** Improved the implementation of gsl_ran_discrete_preproc to avoid
internal errors due to inconsistencies from excess precision on
some platforms. [bug #26502]

** Corrected gsl_sf_hyperg_2F1(a,b,c,x) to not give a domain error in
the case where c is a negative integer and the series terminates
with a finite result.

** The C99 inline keyword is now supported, in addition to the
previously supported GNU-style inline.

** Modified gsl_poly_complex_solve_cubic and gsl_poly_solve_cubic to
avoid returning NaNs in cases where excess precision causes a
change in the number of roots.

** Fixed incorrect length check in gsl_blas_drotm. [bug #26503]

** Fixed gsl_odeiv_step_gear2 to restore y on step failure

** gsl_odeiv_evolve_apply now restores the correct value of t on step
failures [bug #26255].

** Using make install prefix=DIR now puts correct paths in package
config files gsl-config and gsl.pc

** Modified gsl_monte_vegas to work around pow() function inaccuracies
on MinGW [bug #25413].

** Increased the number of terms in gsl_sf_mathieu_a and
gsl_sf_mathieu_b to improve convergence in difficult regions [bug
#25075]

2009-09-04

さわらびゴシック 20090831

SourceForge.JP
わらびゴシックフォント 20090831 がリリースされていましたので、ちょっと遅くなってしまいましたが Fedora 11 用 RPM パッケージを作成しアップロードしました。漢字グリフが 1101 文字になりました。

さわらびフォント