2014-04-16

ニュース - Javaに危険な脆弱性が複数、最新版にアップデートを:ITpro

Java 8 update 5 が 4 月 15 日にリリースされました。前回のリリースから日が浅いですが、下記のメールを今朝受信したのでタイムリーに対応ができました。

View this message in a Web browser
Oracle Corporation
April 15, 2014
Oracle Critical Patch Update for April 2014

Dear Oracle Security Alert Subscriber,

The Critical Patch Update for April 2014 was released on April 15th, 2014.
Oracle strongly recommends applying the patches as soon as possible.

The Critical Patch Update Advisory is the starting point for relevant information. It includes the list of products affected, pointers to obtain the patches, a summary of the security vulnerabilities for each product suite, and links to other important documents. Supported products that are not listed in the "Supported Products and Components Affected" section of the advisory do not require new patches to be applied.

Also, it is essential to review the Critical Patch Update supporting documentation referenced in the Advisory before applying patches, as this is where you can find important pertinent information.
Critical Patch Update Advisories are available at the following location:

Oracle Technology Network:
http://www.oracle.com/technetwork/topics/security/alerts-086861.html

The Critical Patch Update Advisory for April 2014 is available at the following location:

Oracle Technology Network:
http://www.oracle.com/technetwork/topics/security/cpuapr2014-1972952.html

The next four dates for Critical Patch Updates are:
  • July 15, 2014
  • October 14, 2014
  • January 20, 2015
  • April 14, 2015
Sincerely,
Oracle Security Alerts

Hardware and Software Engineered to Work Together
Copyright © 2014, Oracle. All rights reserved. Contact Us | Legal Notices and Terms of Use | Privacy Statement

SEV100296759_LRT100296754

Oracle Corporation - Worldwide Headquarters, 500 Oracle Parkway, OPL - E-mail Services, Redwood Shores, CA 94065, United States

You are receiving this communication as a result of your subscription to Oracle Security Alert Notifications. General marketing email opt-out preferences may have been overridden to ensure that you receive this program information.

To stop receiving this communication, please log-in to your Oracle.com to remove the subscription.

If you believe you are receiving this communication in error, please contact us at Privacy_ww@Oracle.Com.

Please note that opting-out of Marketing communications will not affect your receipt of this communication. You will continue to receive important business communications related to your current relationship with Oracle such as Security Updates, Event Confirmation, and Support and Service communications.

2014-04-12

ストレージサービス「Ubuntu One」、6月30日で終了。コードはオープンソース化される方針 | SourceForge.JP Magazine

Ubuntu は、仮想環境でたまに使ってみる程度の付き合いですが、今日、下記のようなメールが届いて Ubuntu One のサービスが 6 月 1 日をもって終了することを知りました。無料のサービスを起点としたビジネスモデルで、発展していくだけ儲けるっていうのは難しいですよね。

ちなみに、SouceForge.JP Magazine の記事に書いてある微妙な時間のズレは単なる間違い?それとも私の理解不足?

Date: Sat, 12 Apr 2014 06:04:55 -0700 (PDT)
From: Ubuntu One <noreply@one.ubuntu.com>
To: 
Subject: Ubuntu One file services

Hi,

We are writing to you to notify you that we will be shutting down the
Ubuntu One file services, effective 1 June 2014. This email gives
information about the closure and what you should expect during the
shutdown process.

As of today, it will no longer be possible to purchase storage or music
from the Ubuntu One store. The Ubuntu One file services apps in the Ubuntu,
Google, and Apple stores will be updated appropriately.

As always, your content belongs to you.  You can simply download your files
onto your PC or an external hard drive.  While the service will stop as of
1 June, you will have an additional two months (until 31 July 2014) to
collect all of your content. After that date, all remaining content will
be deleted.

If you have an active annual subscription, the unused portion of your fees
will be refunded. The refund amount will be calculated from today's
announcement.

We know you have come to rely on Ubuntu One, and we apologise for the
inconvenience this closure may cause.  We've always been inspired by the
support, feedback and enthusiasm of our users and want to thank you for
the support you've shown for Ubuntu One. We hope that you'll continue to
support us as together we bring a revolutionary experience to new devices.

The Ubuntu One team

関連情報

2014-04-10

Firefox OS' new interface looks both very modern and very familiar

Firefox OS 2.0の話題が engadget に掲載されていました。なんでも、今年の後半にかけてインターフェイスのデザインを一新していくそうです。

慌てて Firefox OS のシミュレータをダウンロードできる Firefox OS App Manager Add-ons のサイトを見てみましたが、バージョン 1.5 までしか公開されていませんでした。それでも、いつの間に 1.5 に...という驚きがあったので、バージョン 1.5 のハードコピーを下記に紹介しておきます。

3 月末に Mozilla の CEO に Brendan Eich が就任するというニュースが伝わったのも束の間、今度は辞任のニュースが流れました。 こういった状況に関わらず Firefox OS には着実に成長していって欲しいです。

2014-04-06

【備忘録】マインドマップツール XMind と alien --- rpm, deb などの変換ツール

XMind を会社の Windows PC にインストールして、ブレインストーミングやロジックツリーの作成に使うようになりました。機能や情報の豊富さに加え、IME での日本語の扱いは FreeMind より使い易いことと、(以前のバージョンに比べると)十分安定しているように感じられたので、部のメンバーの PC にはインストールさせて全員で利用できるようにしてしまっています。

一方、個人用途にも使いたくなり、Linux 版がないかとあらためて XMind のサイトを確認すると、ちゃんと 32bit 版と 64bit 版 xmind-jp-linux-3.4.1.201401221918_amd64.deb が用意されていました。ただ残念なことに利用可能なパッケージは Debian/Ubuntu 用の deb 形式のみで、このままでは Fedora では利用できません。

Zip で圧縮されている「ポータブル版」を利用する選択肢もありましたが、今回は deb パッケージを rpm パッケージに変換する alien というツールを(はじめて)使用してみました。

alien

alien は異なる Linux パッケージの間で相互変換を行うツールで Fedora でも利用可能です。早速インストールしました。

# yum install alien
読み込んだプラグイン:langpacks
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ alien.noarch 0:8.88-4.fc20 を インストール
--> 依存性の処理をしています: dpkg のパッケージ: alien-8.88-4.fc20.noarch
(途中省略)
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

================================================================================
 Package                       アーキテクチャー
                                         バージョン            リポジトリー
                                                                           容量
================================================================================
インストール中:
 alien                         noarch    8.88-4.fc20           fedora      89 k
依存性関連でのインストールをします:
 debconf                       noarch    1.5.52-1.fc20         updates    186 k
 debhelper                     noarch    9.20131227-2.fc20     updates    745 k
 dpkg                          x86_64    1.16.12-1.fc20        fedora     1.2 M
 dpkg-perl                     noarch    1.16.12-1.fc20        fedora     292 k
 gettext-common-devel          noarch    0.18.3.1-1.fc20       fedora     369 k
 gettext-devel                 x86_64    0.18.3.1-1.fc20       fedora     316 k
 html2text                     x86_64    1.3.2a-12.fc20        fedora      96 k
 intltool                      noarch    0.50.2-7.fc20         fedora      60 k
 perl-Archive-Tar              noarch    1.92-4.fc20           fedora      73 k
 perl-Authen-SASL              noarch    2.16-1.fc20           fedora      57 k
 perl-Convert-ASN1             noarch    0.26-6.fc20           fedora      54 k
 perl-Convert-BinHex           noarch    1.122-1.fc20          fedora      45 k
 perl-Crypt-OpenSSL-Bignum     x86_64    0.04-19.fc20          fedora      34 k
 perl-Crypt-OpenSSL-RSA        x86_64    0.28-8.fc20           fedora      38 k
 perl-Crypt-OpenSSL-Random     x86_64    0.06-2.fc20           fedora      24 k
 perl-Email-Date-Format        noarch    1.002-17.fc20         fedora      17 k
 perl-Email-Simple             noarch    2.102-4.fc20          fedora      33 k
 perl-Encode-Detect            x86_64    1.01-13.fc20          fedora      82 k
 perl-File-FcntlLock           x86_64    0.12-10.fc20          fedora      21 k
 perl-File-Remove              noarch    1.52-7.fc20           fedora      26 k
 perl-Font-AFM                 noarch    1.20-15.fc20          fedora      20 k
 perl-GSSAPI                   x86_64    0.28-10.fc20          fedora      59 k
 perl-HTML-Format              noarch    2.11-1.fc20           fedora      55 k
 perl-IO-Socket-INET6          noarch    2.71-3.fc20           fedora      21 k
 perl-IO-Zlib                  noarch    1:1.10-289.fc20       updates     51 k
 perl-LDAP                     noarch    1:0.57-3.fc20         fedora     412 k
 perl-MIME-Lite                noarch    3.030-1.fc20          fedora      96 k
 perl-MIME-Types               noarch    2.04-1.fc20           fedora      57 k
 perl-MIME-tools               noarch    5.505-1.fc20          fedora     256 k
 perl-Mail-Box                 noarch    2.107-4.fc20          fedora     1.1 M
 perl-Mail-DKIM                noarch    0.40-3.fc20           fedora     134 k
 perl-Mail-IMAPClient          noarch    3.35-1.fc20           updates    217 k
 perl-Mail-SPF                 noarch    2.9.0-3.fc20          fedora     140 k
 perl-Mail-Sendmail            noarch    0.79-23.fc20          fedora      29 k
 perl-Mail-Transport-Dbx       x86_64    0.07-19.fc20          fedora      40 k
 perl-MailTools                noarch    2.12-4.fc20           fedora     109 k
 perl-Net-DNS                  x86_64    0.74-1.fc20           updates    323 k
 perl-Net-SMTP-SSL             noarch    1.01-16.fc20          fedora     9.5 k
 perl-NetAddr-IP               x86_64    4.071-1.fc20          fedora     126 k
 perl-Object-Realize-Later     noarch    0.18-17.fc20          fedora      20 k
 perl-Package-Constants        noarch    1:0.02-289.fc20       updates     45 k
 perl-Parse-RecDescent         noarch    1.967009-7.fc20       fedora     203 k
 perl-Socket6                  x86_64    0.25-1.fc20           updates     27 k
 perl-TeX-Hyphen               noarch    1.01-1.fc20           fedora      35 k
 perl-Text-Autoformat          noarch    1.669004-1.fc20       fedora      37 k
 perl-Text-Reform              noarch    1.20-9.fc20           fedora      43 k
 perl-User-Identity            noarch    0.93-10.fc20          fedora      79 k
 perl-XML-Filter-BufferText    noarch    1.01-19.fc20          fedora      11 k
 perl-XML-SAX-Writer           noarch    0.53-5.fc20           fedora      25 k
 po-debconf                    noarch    1.0.16-3.nmu2.fc20    fedora     145 k
 portreserve                   x86_64    0.0.5-9.fc20          updates     25 k
 procmail                      x86_64    3.22-33.fc20          fedora     174 k
 spamassassin                  x86_64    3.3.2-18.fc20         updates    1.1 M

トランザクションの要約
================================================================================
インストール  1 パッケージ (+53 個の依存関係のパッケージ)

総ダウンロード容量: 8.9 M
インストール容量: 24 M
Is this ok [y/d/N]: y

XMind の deb パッケージをダウンロードして、alien で XMind の deb パッケージを rpm へ変換してみました。問題なく変換できたようですので、そのままインストールします。なお XMind は /usr/local 以下にインストールされます。

# cd ダウンロード
# alien --to-rpm --scripts *.deb
xmind-3.4.1-2.x86_64.rpm generated
# rpm -qlp xmind-3.4.1-2.x86_64.rpm
/usr
/usr/local
/usr/local/xmind
/usr/local/xmind/.eclipseproduct
/usr/local/xmind/XMind
/usr/local/xmind/XMind.ini
/usr/local/xmind/about.html
/usr/local/xmind/about_files
/usr/local/xmind/about_files/about_cairo.html
/usr/local/xmind/about_files/mpl-v11.txt
/usr/local/xmind/about_files/pixman-licenses.txt
/usr/local/xmind/artifacts.xml
/usr/local/xmind/configuration
/usr/local/xmind/configuration/config.ini
/usr/local/xmind/configuration/org.eclipse.equinox.simpleconfigurator
(以下省略)
# yum localinstall xmind-3.4.1-2.x86_64.rpm
読み込んだプラグイン:langpacks
xmind-3.4.1-2.x86_64.rpm を調べています: xmind-3.4.1-2.x86_64
xmind-3.4.1-2.x86_64.rpm をインストール済みとして設定しています
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ xmind.x86_64 0:3.4.1-2 を インストール
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

================================================================================
 Package      アーキテクチャー
                            バージョン       リポジトリー                  容量
================================================================================
インストール中:
 xmind        x86_64        3.4.1-2          /xmind-3.4.1-2.x86_64         96 M

トランザクションの要約
================================================================================
インストール  1 パッケージ

合計容量: 96 M
インストール容量: 96 M
Is this ok [y/d/N]: y
Downloading packages:
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  インストール中          : xmind-3.4.1-2.x86_64                            1/1 
  検証中                  : xmind-3.4.1-2.x86_64                            1/1 

インストール:
  xmind.x86_64 0:3.4.1-2                                                        

完了しました!
# 

私が使っているデスクトップ環境は LXDE ですが、XMind のインストール後、メニューのオフィスのグループの中に XMind が加えられましたので、これをデスクトップにコピーしてダブルクリックして起動してみました。なお、環境変数 PATH には Java へのパスが通っている必要があります。

以下は、XMind を起動した画面です。

今回、はじめて Linux のパッケージを変換するツールを利用してみましたが、なんなく変換できたので、今後も deb 形式でしか公開されていないパッケージでも諦めずに変換ツールを活用してみようと思います。