2009-12-30

さわらびゴシック 20091230

SourceForge.JP
わらびゴシックフォント 20091230 がリリースされましたので Fedora 12 用 RPM パッケージを作成しアップロードしました。漢字グリフが 1500 文字になりました。

さわらびフォント

2009-12-29

【備忘録】Java/Swing のプログラムにおける日本語フォント表示

Java の GUI プログラムで、日本語のフォントが正しく表示されません。環境は Fedora 12 (x86_64) です。

そもそも、Fedora で Java のプログラミングをほとんどしないので気がつきませんでした。

例えば、以下のようなプログラム Hello.java をコンパイルして実行してみます。

// Hello.java
import javax.swing.*;

public class Hello extends JFrame {
private static final long serialVersionUID = 1L;

Hello() {
setDefaultCloseOperation(WindowConstants.DISPOSE_ON_CLOSE);
add(new JLabel("こんにちは、世界!"));
pack();
}

public static void main(String[] args) {
new Hello().setVisible(true);
}
}


$ javac Hello.java
$ java Hello

日本語フォントが □□□□ となってしまって表示されません。

しかしながら、コンパイルした Hello.class を Windows へコピーして実行してみると日本語フォントが正しく表示されます。

これは、Fedora の Java 実行環境に問題がありそうだと考え、インターネットを検索してみると、既に調べている方がおられました。

[1] Fedora11でSwingのプログラムに日本語を正しく表示させる方法 - 何かしらの言語による記述を解析する日記

 
[1] のサイトの「方法1」に従い、自分の環境に読み替えて編集すると Fedora 上で日本語を表示させることができました。ただし $JAVA_HOME/lib/fontconfig.Fedora.bfc のリネームはしていません。

会社で他の人に使ってもらう GUI ツールがあって、プロトタイプは Tcl/Tk で作って試用してもらいました。しかし、そもそも自分は IT 部門の人間ではないので、長期的な保守を考えれば、(自分しか保守ができない言語で作るより) Java あたりで作り直しておいた方が無難かと思い、この年末年始の休みに作り替えてしまおうとしています。実行環境は Windows 上になりますが、開発は使い慣れた Fedora の方がはかどるからです。
 

追記


[1] の方法で確かに日本語フォントが表示できるようになりましたが、Fedora デフォルトでインストールされていなかった「さざなみ」フォントをインストールしたことで、ブラウザなどの表示フォントが変わってしまいました。以前のフォントの方が断然見やすかったので、「さざなみ」フォントの使用を止めて元に戻し、Windows のフォントを持ってきて(RPM を作成して)Java 用に使用できるように変更してしまいました。

 

2009-12-19

ReactOS 0.3.11

定より二ヶ月ほど遅れましたが、12 月 16 日に ReactOS 0.3.11 がリリースされました。最初 Linux 上の qemu に ReactOS の iso イメージをインストールしてみましたが、動作が固まってしまったりと不安定でした。そこで、出来合いの VMware 用イメージを Windows 上の VMware で起動してみました。

ReactOS 0.3.11

起動時のイメージが変更されています。なんだか昔の Windows for Workgroups 3.11 (WfW) の起動イメージを連想してしまうのは、自分だけでしょうか…。

前回は Linux 上で qemu を使用することにこだわったので、結局 ReactOS 側からネットワークへ接続できずじまいでしたが、今回は難なくネットワークを利用して Firefox をダウンロードしてインストールすることができました。

2009-12-18

【備忘録】Fedora を yum でアップグレード

Fedora 11 のままだった古いノート PC をようやく Fedora 12 へアップグレードしました。通常は、/home 以下のバックアップをとってクリーンインストールをすることにしていますが、今回は面倒だったので yum でアップデートしてみました。

まず以下の2つの RPM ファイルを入手します。

fedora-release-12-1.noarch.rpm
fedora-release-notes-12.0.0-4.fc12.noarch.rpm


例えば、ftp://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/releases/12/Fedora/ などから入手できます。

# rpm -Uvh fedora-release-12*
...
# yum clean all
# yum -y upgrade

アップグレード後再起動します。

参考サイト
ずんWiki - Fedora upgrade
 

2009-12-17

さわらびゴシック 20091215

SourceForge.JP
わらびゴシックフォント 20091215 がリリースされていましたので Fedora 12 用 RPM パッケージを作成しアップロードしました。漢字グリフが 1450 文字になりました。

さわらびフォント

2009-12-09

Google からのメール

Google からメールがきました。Linux 版の Google Chrome のベータ版がリリースされたというお知らせでした。さっそくダウンロードしようとサイトにアクセスすると、deb、rpm パッケージがそれぞれ 32 bit / 64 bit CPU 用にダウンロードできるようになっていました。しばらくこの Chrome を使ってみようと思います。

Date: Tue, 08 Dec 2009 17:49:37 +0000
From: Google Chrome
To: xxxxxxxxxx@gmail.com
Cc:
Subject: Linux 版 Google Chrome のベータ版が本日リリース
Reply-To: googlechromenews@google.com

Linux ユーザーの皆様

Linux 版 Google Chrome のベータ版がリリースされました。多くの Chromium デベロッパーと WebK
it デベロッパーの努力により、Google Chrome は高速で安定したブラウザとなりました。

60,000 行の Linux むけのコードを記述
23 回の開発ビルド
2,713 件の Linux 関連のバグを修正
Linux 版 Google Chrome のコードベースに、外部から 12 人のコミッターとバグ修正者、48 人のコー
ド提供者が参加

上記を経て、本日やっと Linux 版 Google Chrome のベータ版を提供するにいたりました。

Linux ユーザーの皆さん、本当にお待たせしました。Google Chrome をお楽しみください。


Google Chrome チーム





http://www.google.com/chrome/intl/ja/w00t.html

--------

(c) 2009 Google www.google.com 1600 Amphitheatre Parkway, Mountain
View CA 94043 United States of America.

Google は Google Inc. の商標です。
その他すべての社名および製品名は、それぞれ該当する企業の商標です。

2009-12-08

Virgin Galactic、初の民間宇宙船「SpaceShip2」披露

NASA と提携しているので、半官半民かもしれませんが)民間で宇宙旅行のビジネスを始めるっていうことに夢があります。しかし旅費として 2,000 万円近い資金があれば、ゆっくり船で世界旅行っていうのも魅力的なんですけどね。


[1] Virgin Galactic、初の民間宇宙船「SpaceShip2」披露 - ITmedia News
[2] Welcome | Virgin Galactic
 

2009-12-04

【備忘録】グーグルの日本語入力ソフト(ベータ版)

CNET Japan によると、グーグルが 12 月 3 日に、Windows/MacOS 用に日本語入力ソフトウェア「Google日本語入力ベータ」を公開したそうです。自宅では Linux を中心に使っているとは言え、仕事では Windows を使っているので、日本語入力の使い心地を試してみたいものです。

[1] グーグル、日本語入力ソフトのベータ版を公開:ニュース - CNET Japan
[2] Google 日本語入力 - ダウンロード
 

2009-11-30

さわらびゴシック 20091130

SourceForge.JP
わらびゴシックフォント 20091130 がリリースされましたので Fedora 12 用 RPM パッケージを作成しアップロードしました。漢字グリフが 1375 文字になりました。

さわらびフォント

2009-11-28

GCC のランタイムパッケージ 002

Get MinGW Cross Compiler at SourceForge.net. Fast, secure and Free Open Source software downloads
MinGW クロスコンパイル環境でビルドしたプログラムを、Windows 上で手軽に実行できるように公開し始めた Windows 用 GCC のランタイムパッケージ libgcc のインストーラをアップデートしました。

libgcc-4.4.1-002

GCC Runtime Package for Win32, bitWalk build #002
released on 2009-11-28

1. Objective
This is a support package for Fedora MinGW cross development, which is a set
of runtime libraries used on target environment, Win32 system.

2. Available version of GCC Runtime and related libraries
- libgcc_s_sjlj-1.dll in mingw32-gcc-4.4.1-3.fc12.i686.rpm
- mingwm10.dll in mingw32-runtime-3.15.2-4.fc12.noarch.rpm



[1] GCC のランタイムパッケージ
 

2009-11-27

【備忘録】VMware で Chrome OS を試す

Chrome OS の VMware 用のイメージをダウンロードし、Windows Vista 上の VMware player で試してみました。VMware player はすでにインストールされているものとして、手順を説明します。

まず、gdgt のサイトから Chrome OS の VMware 用のディスクイメージ chrome-os-0.4.22.8-gdgt.vmdk.zip をダウンロードします。ダウンロードするには gdgt のアカウントを作成する必要があります。アカウント作成は無料でできます。ダウンロードしたファイルを解凍して、適当なフォルダ内に保存しておきます。

次に、VMX ファイルを用意します。このファイルは、pastebin - Chrome OS.vmx - post number 1681237 で紹介してあった記述をコピーし、メモリ容量を 1GB に変更して利用しました。chrome-os.vmx という名前で、ディスクイメージと同じフォルダに保存します。

config.version = "8"
memsize = "1024"

displayName = "Chrome OS"
guestOS = "other"

ide0:0.present = "TRUE"
ide0:0.fileName = "chrome-os-0.4.22.8-gdgt.vmdk"
ide1:0.present = "TRUE"
ide1:0.autodetect = "TRUE"
ide1:0.fileName = "auto detect"
ide1:0.deviceType = "cdrom-raw"


ethernet0.present = "TRUE"
ethernet0.connectionType = "bridged"
ethernet0.addressType = "generated"


sound.present = "TRUE"
sound.virtualDev = "es1371"

VMware player を起動し、「仮想マシンを開く」をクリックして、作成した chrome-os.vmx を読み込み、仮想マシンを再生すると Chrome OS が起動します。

しばらくするとログイン画面が出ますので、GMail のアカウントでログインします。なお、@gmail.com の部分は省略可能で、省略すると自動的に補完してくれます。ちなみにキーボード配列は 101 系のキーボード配列に対応しているようで、@ は Shift + 2 になります。


ログインすると、画面全体がブラウザの画面が表示されます。

Ctrl + Alt + t でターミナル画面を表示できます。シェルは bash です。exit で元の画面に戻ります(元に戻ってくれない時もあります)。

[1] Google Chrome OS (グーグルクロームOS) 使い方辞典 (2009年11月20日版)
 

2009-11-21

【備忘録】Google Chrome OS Demo

Chrome OS なのか、Chromium OS なのか判然しないのですが、Chrome OS のソースコードが、オープンソースプロジェクト「Chromium OS」として公開されているらしいです。

会話が英語で、しかもちょっと聞き取りにくいのですが、YouTube で Google Chrome OS Demo のビデオがあったので備忘録的に紹介します。来年の今ごろには最初のリリースを利用できるようになっているでしょう。


[1] Google Chrome OSのデモを見てきた - ITmedia News
[2] 「Google Chrome OS」プロジェクトが公開、製品登場は2010年後半 -INTERNET Watch
[3] Chromium OS (The Chromium Projects)
[4] 窓の杜 - 【特別企画】Googleの新OS「Chrome OS」のオープンソース版「Chromium OS」を試す
[5] Google Chrome OS: Download Chrome OS VMWare image - gdgt
 

2009-11-15

さわらびゴシック 20091115

SourceForge.JP
わらびゴシックフォント 20091115 がリリースされましたので Fedora 用 RPM パッケージを作成しアップロードしました。今回は、Fedora 12 上で RPM パッケージを作成しています。漢字グリフが 1300 文字になりました。

さわらびフォント

2009-11-13

【備忘録】Dropbox の導入 (Fedora)

Dropbox は、インターネットを経由して、自分が利用している複数のパソコン間でファイルを自動同期したり、指定したほかのユーザーと共有できるオンラインストレージサービスです。アカウントを取得する必要がありますが、現在のところ 2GB までは無料で利用できます。なお、有料版は 50GB を月額 9.99 ドルあるいは年額 99.99 ドルで利用できます。

Dropbox は、専用のクライアントのソフトウェアをインストールするとで利用できます。Windows の場合、エクスプローラ上で他のフォルダ、ファイルを通常と同じように扱うことができます。すなわち、指定したローカルフォルダ内でファイルやフォルダを追加・削除・更新すると、自動でオンラインストレージに同期、あるいは共有先に反映されます。Linux の場合はエクスプローラの代わりに Nautilus で同じように操作ができるクライアントのソフトウェアが公開されています。

そろそろ Fedora 12 がリリースされるので、先行してβ版をインストールした際に、Doropbox をインストールし直したので、その手順をまとめました。Gnome デスクトップ環境で Nautilus を使用していることを前提にしています。

まず、クライアントソフトを以下から入手します。

[1] Dropbox - Downloading Dropbox - Secure backup, sync and sharing made easy.

Fedora の場合、Fedora Core 10 (x86_64, nautilus-dropbox-0.6.1-1.fc10.x86_64.rpm) あるいは Fedora Core 10 (x86, nautilus-dropbox-0.6.1-1.fc10.i386.rpm) をダウンロードしてインストールします。

インストールすると、GUI が起動して、ファイルの同期などに必要な Daemon のインストールが始まります。

インストールが終わると、次はアカウントを入力する手続きです。アカウントをまだ取得していない場合、ここで I don't have a Dropbox account を選択すると、ここで取得できます。私の場合は、既に Dropbox のアカウントを持っているので、I already have a Dropbox account を選択して、次に進みます。

Dropbox に登録してある電子メールアドレスをパスワードを入力して次に進みます。

この後、Dropbox の使用方法を説明する画面が 3 つほど続きますが、既に知っている場合は Skip tour and finish をクリックして最終画面に進みます。

デフォルトの場所に Dropbox のフォルダを生成する場合は、Finish をクリックして終了します。

Nautilus を開いて、Dropbox のフォルダーが作られていることを確認します。

注意


Fedora 12 をインストール後、既に使っていたアカウントのバックアップを戻してから、Dropbox のクライアント、nautilus-dropbox-0.6.1-1.fc10.x86_64.rpm をインストールしたためか、すぐに設定用のダイアログ画面が現れませんでした。ログアウト/ログインし直しても設定用のダイアログが表示されない場合は、以下の様にコンソール上で起動します。

$ dropbox start -i

参考サイト


[2] Dropbox - Home - Secure backup, sync and sharing made easy.
[3] Dropbox徹底解剖 - 一度使ったら手放せなくなる! オンラインストレージサービスの本命 | Web担当者Forum
 

2009-11-07

Fedora 12 と MinGW クロスコンパイル

Get MinGW Cross Compiler at SourceForge.net. Fast, secure and Free Open Source software downloads
Fedora 12 のベータ版を古いノートパソコン (X31) にインストールして、MinGW クロスコンパイル環境を評価しています。

Fedora がクロスコンパイル環境をサポートする以前は、Windows 用 Tcl/Tk を、Linux でクロスコンパイルできれば、まずまずの満足ができたのですが、このように環境が充実してくると欲が出てきます。

折角、基本的な GTK+ ライブラリが利用できるのですから、最近は Windows 用 GIMP を自前でクロスコンパイルするべく、いろいろ試しています。Fedora 11 では(というより、おそらくは mingw32-glib2 などのバージョンのせいで)クロスコンパイル用にビルドできなかった gegl を、なんとかビルドできたので、babl と一緒に SourceForge.net のプロジェクトサイトへアップしました。(ちなみに babl の方は、F11 でもビルド出来ていました。gegl は、babl に依存しています。)

[LIB] gegl
[LIB] babl

これで、最新の GIMP がクロスコンパイル出来るようになったかというと、そうではありません。しかし、一歩実現に近づいたと思っています。目標は、Win32 用 GTK+ のランタイムパッケージと、GIMP 本体を別々のインストーラで公開出来るようにすることです。

Windows 7 が発売され、64bit OS の普及が加速されそうですが、MinGW クロスコンパイルについては、まだ 32bit に集中しようと考えています。

[1] 2. GIMP 2.6 の新機能
 

2009-11-02

さわらびゴシック 20091101

SourceForge.JP
わらびゴシックフォント 20091101 がリリースされましたので Fedora 11 用 RPM パッケージを作成しアップロードしました。漢字グリフが 1250 文字になりました。

さわらびフォント

2009-10-31

Android SDK

Android SDK をダウンロードしてエミュレータを Fedora で起動してみました。64bit 環境でも動作するかどうか、念のためチェックしましたが、肝心のエミュレータが動作しなかったので、32bit 環境で試した例を紹介します。下記のサイトから、Linux (i386) 用の圧縮ファイルをダウンロードします。

[1] Android SDK | Android Developers

ダウンロードしたファイルを展開して、サブディレクトリ tools 内にある android を起動します。

$ tar zxvf android-sdk_r3-linux.tgz
android-sdk-linux/
android-sdk-linux/platforms/
android-sdk-linux/SDK Readme.txt
android-sdk-linux/tools/
...
android-sdk-linux/tools/traceview
android-sdk-linux/add-ons/
$ cd android-sdk-linux/tools
$ ls
NOTICE.txt ddms hierarchyviewer mksdcard zipalign
adb dmtracedump hprof-conv source.properties
android draw9patch layoutopt sqlite3
apkbuilder emulator lib traceview
$ ./android &

Android and AVD Manager のウィンドウが開きますので、まず Settings の画面で、Misc のチェックボタンにチェックを入れておきます。これは環境によっては必要がない操作だと思います。

次に Available Packages を選びダウンロードするデータを選択し Install Selected をクリックします。

Install Accepted ボタンをクリックすると、ファイルのダウンロードが始まります。

選択したファイルのダウンロードとインストールが終わっても、自動的にはウィンドウが閉じないので Close をクリックして閉じます。

次に Virtual Device で、New... をクリックして、仮想デバイスの定義ファイル(AVD ファイル)を作成します。

test という名前をつけて、以下の様にしてみました。Create AVD ボタンをクリックします。

AVD ファイルが作成されたというメッセージが出るので OK ボタンをクリックして閉じます。

作成した test を選択して、Start... ボタンをクリックして、エミュレータを起動します。

起動オプションを選択する画面が出ますが、とりあえず何も選択せず、Launch ボタンをクリックします。

エミュレータが表示され、しばらく待つと起動が完了し、以下のような画面になります。

試しに Browser を起動して Google のサイトを表示してみました。

ブックマークしたページが、以下の様に一覧で表示されます。

手持ちの Windows Mobile 携帯をまだ使いこなしていないというのに、新しいものが出ると使ってみたくなります。エミュレータのおかげで、お金の浪費は避けられますが、Windows Mobile の場合と異なり、Linux 上でも開発ができるのはちょっと嬉しいです。

じっくりこの SDK で評価してみて、日本で魅力的な Android 搭載の携帯が発売されれば、それなりに乗り換えを検討してみようと思います。